« 2011年12月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

ハルちゃんの子猫(5月22日生まれ)

ROSMARINUSですcat

ハルちゃん、2歳にして初出産。パパはティミー君です。

0527_06_2

左、ブラウンクラシックタビーの男の子。
右、ブラウンパッチドクラシックタビーアンドホワイトの女の子。

0527_07

男の子のクラシックマーク、大変綺麗です。
もう少し育つとくっきりしてくると思います。

0527_08

女の子を上から見るとこんな感じです。赤と黒のバランスが良く、色もくっきりしていて、なかなか綺麗なカラーです。

結構ビビリでめったに触らせてくれないハルちゃん。ママにするのはどうかと悩んだ末の子猫達です。心配していたのですが、一人でケージに入れたら、急に甘えん坊になって、子猫を生んだら子煩悩なママになっています。 今では撫でられるのが嬉しいようですよ。

子猫たちへのお問合せはこちらからどうぞmail

| | コメント (0)

ナナちゃんの子猫(5月21日生まれ)

ROSMARINUSですcat

ナナちゃんココ君、2年ぶりの子猫、しかも久しぶりの赤系の子猫です。

0527_09

左からブルーアンドホワイト、レッドタビー、カメオアンドホワイト、クリームアンドホワイト・・・だと思います。みんな男の子です。

レッド、特にレッドとカメオは見極めが難しいので、・・レッドに見えていますが、カメオかも。

0527_10

上から見るとこんな感じですwink

体の小さい上に、63日目で出産するナナちゃんは、いつも小さい赤ちゃんを産みます。今回も、一番のおチビさんが63グラム、一番大きい子でも79グラムしかありませんでした。マッちゃんの子が120グラム以上ありましたから、半分程度です。大丈夫かと心配しましたが、何とか1週間育ってくれて、130~140グラム程度まで大きくなりました。

以前の出産の時は、育児放棄気味で、ちょっと心配だったのですが、今回はしっかりママしてます。

0527_11

写真を写していたら、心配して連れ戻されてしまいましたcatface

普通、遺伝の法則では、男の子と女の子は半分半分の確立で生まれるはず・・・で、いわゆる三毛のナナから赤系の子猫と黒系の子猫が生まれる可能性も半分半分のはず・・・なのですが・・・今回は全部男の子、しかもレッド系が3匹。確立なんてあてにならないものです。

おりしも日本中が金冠日食で盛り上がっている朝、5時半に一匹目、すぐに2匹目出産後、なぜか休憩に入ってしまい、丁度金冠になっている最中に3匹目、4匹目と続けてご出産。おかげで、一番良い時を見損なってしまいましたweep

子猫のお問合せはこちらからどうぞmail

| | コメント (0)

マツちゃんの子猫(5月8日生まれ)

ROSMARINUSですcat

マッちゃんティミー君の2回目の子猫たちです。

0527_03

シロトラ君とクロトラ君。どちらもシルバータビーの男の子ですが・・・

0527_04

シロトラ君。白地に黒い縞模様

0527_05

ちょっとボケボケ写真ですが、クロトラ君。黒字に白い縞模様。

という感じでしょうか・・・
同じシルバータビーなのですが、随分印象が違う兄弟です。

ベテランママのマッちゃん。今回も子猫べったりです。おかげで栄養状態も良く、すくすくと育っています。人間大好きのマッちゃんに似たのか、抱っこしてひっくり返して、耳の後ろをくすぐると、クターとなってなすがままです。とっても可愛いですよ。

子猫のお問合せはこちらからどうぞmail   

| | コメント (0)

キャルちゃんの子猫(5月6日生まれ)

ROSMARINUSですcat

5月生まれの子猫たちをご紹介していきます。

3月に2匹出産予定だったのですが・・・空振り続きでした。
おかげで5月に入ったら出産ラッシュ。
今回は色々なカラーで、カラフルです。

まずは、5月6日生まれ。ママはキャルちゃん、パパはティミー君です。

0527_01

左:ブルータビーアンドホワイトの男の子。大人しく抱っこされる、可愛い子です。
右:ホワイトの男の子。アイカラーはまだ分かりませんが、ブルーになるかも・・・。

0527_02

出産に関しては、ちょっと不幸続きだったキャルちゃん。3度目にしてようやく可愛い我が子の子守をしています。トイレもギリギリまで我慢して、ずっと子猫に寄り添う献身的なママちゃんですね。

おかげでチビたちも非常に元気に育って、順調に目が開いて、ちょっとだけ歯が生えてきました。ヨチヨチ歩きですが、そろそろ産箱から出たいようです。

子猫のお問合せはこちらからどうぞmail

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年6月 »